火葬依頼されるご家族様へ

火葬依頼されるご家族様へ

弊社へ火葬依頼されるご家族様へ

安置方法・副葬品のご準備などに関するお知らせです。

安置方法

①まずご遺体を清潔にしてあげましょう。

硬く絞ったタオルなどで身体を清めてあげて下さい。

水分などが残っている場合、身体の腐敗を進行させる要因となります。

ウシさんのぬいぐるみをご遺体とみたててご説明致します。

②安置場所の準備

ダンボール箱・タオル・ペットシート・保冷材などをご用意下さい。

普段就寝用に使われてたペットちゃん用ベッドでも結構です。

③安置方法

時間経過に伴い体液などが出る場合がございますので

ダンボール箱(ベッド)にタオルやペットシートを敷きます。

頭・お腹の部分に保冷材を敷きます。

※保冷材が結露しますのでタオルやペーパーなどで包んで身体に水分が付着しない様にしてあげて下さい。

ご遺体を保冷材の上に寝かせて下さい。(下図)

複数保冷材が有る場合はご遺体の上からも保冷材を置いて頂き

上からタオルなどを被せて頂くと保冷効果が多少持続できます。(下図)

ダンボール箱のフタを閉めて頂くのも同様の効果が期待できます。

ドライアイスの方が保冷効果がありますが高価で入手困難です。

ご家庭にある保冷材でも充分保冷は可能です。

保冷材が無い場合は袋に氷を入れて頂いたものでも大丈夫です。

その際も水滴がご遺体に付着しないようにタオルなどで包んでからあてがってください。

④保冷期間の目安

保冷材 夏場1~2日/冬場3~4日

ドライアイス 夏場3~6日/冬場7~10日(2日に1度取替え)

身体の大きさや保冷材の使用量によっては腐敗の進行を抑えられない場合もございます。

副葬品の準備

お花・ペットちゃんのごはん・お手紙・おもちゃなどのご用意をお願い致します。

 

火葬の際には下記を参考にご準備下さい。

 

☆ペットちゃんのごはん

普段食べられていたペットフードをラップに包んで一握りほどご用意下さい。

半練り状の物でしたらパウチに入った状態のままで大丈夫です。

 

☆お花について(火葬時に添えて頂くお花の例です。画像は造花で撮影しております。)

火葬台へ献花して頂くお花に関しましては

ご自宅に咲いているお花でも生花店で購入して頂いた花でも構いません。

ご購入頂いた花の包装紙ラッピングなどは外して生花だけの状態にしておいて下さい。

(ご自宅で安置時のお花の供え方とは異なりますのでご注意下さい。)

 

・小さなブーケ状の花束でも構いません。

※ブーケをお腹付近に献花した例

・長い茎のついた状態の花でも大丈夫です。

※長い茎の花を周りに配置した例

・花だけ切り取ってご用意頂いても良いです。

※花だけを切って周りに配置した例

☆おもちゃ・お手紙など一緒に火葬されたい場合はご用意下さい。

おもちゃは可燃性の物に限ります。プラスチック類は火葬できませんのでご了承下さい。

火葬について

①火葬台

・ご家族様の最期の抱っこでペットちゃんをお運び頂きます。

・副葬品のお供えをして頂きます。

・お線香をあげて頂き、お別れして頂きます。

※弊社ではお預かりの際、棺桶などは使用せず、直接火葬台の上にペットちゃんを乗せて頂いて火葬をしています。

※首輪・お洋服・おくるみなどは全て外して頂いてご遺体のみのお預かりとなります。

※どうしてもお洋服・おくるみなどを外さないで火葬されたい方はご希望に沿って火葬させて頂きますが御遺骨が煤けたりする場合がございますので綺麗に火葬できないケースがある旨ご理解下さい。

②火葬場所

・一任火葬供養プラン・・・弊社へ持ち帰り火葬致します。

・拾骨・返骨プラン・・・ご自宅駐車場・公園などで火葬致します。平坦で電線・木などの障害物が車の真上に無い場所でしたら火葬可能です。発電機を使用しますので火葬中は排気音がなります。ご近所様のご迷惑になるようでしたら別の場所で火葬させて頂きます。もし家庭用100Vから延長コードで電気をお借りできる状態でしたら発電機の排気音なしで火葬可能です。臭い・煙はほとんどございませんのでご安心下さい。

③火葬時間(火葬開始からお骨を返却するまでのおおよその時間です。)

・小動物 45分~1時間(※例:火葬20分・冷却10分・拾骨15分=45分)

・猫、小型犬 1.5時間~2時間

・中型犬 2時間~3時間

・大型犬 3時間~

体格体重によっては時間が掛かる場合がございますのでご了承下さい。

 

さいごに・・・

弊社へご依頼頂くご家族様は上記を参考に弊社のお迎え・火葬までにご準備をお願い致します。

・安置

・副葬品の準備

 

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット情報へ
にほんブログ村